有効成分のフィナステリドの効果と飲み方のコツ

薄毛対策に有効な成分として有名なのがフィナステリドです。AGA用の内服薬に配合されている成分ですが、脱毛を抑制する為に有効性があるとされています。
AGAの脱毛メカニズムは毛周期が変化することによって引き起こされるのですが、毛周期を変化させているのがDHTです。DHTは毛周期に影響を与えて成長期を短くする作用を持っており、それによって育つはずの髪の毛が育ち難くなってしまいます。その為、短い髪の毛や細い髪の毛しか成長しなくなり、次第に頭皮が露出するようになっていくのです。
フィナステリドの役割としては、問題のDHTを増加させないというものです。DHTは還元酵素がひとつの要因になり誕生するのですが、フィナステリドには還元酵素の分泌を抑制する働きがありますので、DHTの増加を防止することができます。それによって毛周期が正常化し、発毛し易い状態へと改善していくのがフィナステリドの役目なのです。
こうした働きがある成分であり、AGA対策に有効とされているのですが、ただし正しい飲み方をしないと効果が低くなります。
飲み方のポイントとして、まず毎日飲むようにすることです。毎日飲まないと抑制作用が小さくなりますので効き目が低くなってしまうのです。
できるだけ決まった時間帯に飲むようにすることも大切と言えます。同じ時間帯に飲むことによって血中濃度を一定にすることができますので、自分の中で飲む時間帯を決めてそれを守るようにした方が良いでしょう。
適切な量を飲むことも大事です。フィナステリドは毎日1mgを飲むのがポピュラーであり、それよりも多過ぎてもあまり意味がないとされています。飲み方を誤ると副作用のリスクが高まるだけですので用量をしっかりと守ることが大切です。