フィナステリド製剤のフィンペシアと薄毛に良い食品

フィンペシアは有効成分をフィナステリドとしたジェネリック医薬品で、安価で購入できることから多くの人がAGA治療に使用している医薬品です。フィナステリドが5α還元酵素を阻害することで、男性ホルモンのテストステロンとの結びつきができず、AGAの原因となるDHTが生成できないことから、薄毛の進行を抑制できます。日本でもフィナステリドを有効成分とした医薬品が販売されていますが、先発医薬品となるため非常に高価な薬となっています。フィンペシアはインドで製造されるジェネリック医薬品となっており、その価格は先発医薬品の10分の1ほどの安さであることから、多くの人が使用しています。しかし、フィンペシアでは薄毛の進行は抑えられますが、髪の毛の成長には作用しないので、その他の方法で髪の毛を伸ばしてやる必要があります。毛髪はケラチンと呼ばれるタンパク質が主成分となっているので、このケラチンの合成がうまくいく食品を摂っていけば、髪の毛が成長するようになります。同時にタンパク質を摂取することも忘れてはいけませんし、毛母細胞の細胞分裂を促進させることも重要となります。まず、ケラチンの合成には亜鉛が重要な要素となっているので、この栄養素が多く含まれる食品を意識して食べていくようにしましょう。主な食品は牛もも肉、豚レバー、うなぎ、いわし、牡蠣、納豆、豆腐などで、1日の目標摂取量は9mgとなっているので、サプリメントで補給する場合は注意しましょう。タンパク質では豚のゼラチン、卵、牛乳などの乳製品、マグロ、サーモンなどが多く含まれ、特に動物から摂れるタンパク質が良質なものとなっています。細胞分裂を促進させる栄養素としてはビタミンB1、B2、B3、B5、B6が良いとされ、レバーや卵、大豆製品、バナナ、キャベツと様々な食品から摂取することができます。これらの栄養素を効率的に摂取し、薄毛の改善をしていきましょう。