ファイザー社のフィナステリドを飲んでヅラを卒業

フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の進行遅延の効能を持つ成分で、薄毛に悩む男性に多く利用されている薬です。
薄毛は加齢などの影響で誰にでも起こる可能性がある症状ですが、日本では髪が薄くなっているとバカにされる傾向があるのが悲しいところです。
薄毛を隠すためにカツラを使う人もいますが、それが人にバレると「あの人はヅラ」などと陰口を言われたり、行儀の悪い子どもなどだと面と向かってヅラと言って笑われることもあるため、傷つくこともあるのがカツラを使う時のデメリットのひとつと言えます。
それでも薄毛をさらけ出すよりはカツラの方が良いと思ってカツラを使い続ける人でも、出来れば自分の髪を増やし、薄毛を改善したいというのが本音でしょう。
薄毛の治療法には色々ありますが、頭髪治療のクリニックでAGAの治療の基本として使われているのはフィナステリドを有効成分に持つ薬です。
フィナステリドは、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑えることでこの脱毛症の進行を止める働きをする薬となり、この成分を配合した先発医薬品は、長い間日本の男性の薄毛治療の中心的存在でした。
しかし、そのフィナステリドを有効成分としたジェネリック医薬品がファイザー株式会社から2015年4月に発売されて以降、ファイザー社製のフィナステリド錠を使う患者さんも増えてきています。
フィナステリドを有効成分としている先発医薬品と、ファイザー社から発売されたジェネリック医薬品の違いは、同じ成分を中心としているのでAGAに対して同じ位の効果が期待出来ますが、ジェネリックであるファイザー社製のものの方が、薬の価格が安いことが特徴となっています。
そのため、ファイザー社製のフィナステリドを処方しているクリニックを利用すれば安価に薄毛治療が出来るので、ヅラを卒業したい人は原因がAGAならこの薬を利用して自分の髪を増やす治療を行ってみてはいかがでしょうか。